2020年4月から1年間の育児休業を取得している男性教員です。毎日の育児日記を中心に、男性の育休のリアル、育児に役立つアイテム紹介をしています。

育休先生ブログをはじめる

ヒルシュスプルング病の息子の記録 育休365日の記録【ただの日記】

Re.Re.Re. 息子の入院 Day 2〜ヒルシュスプルング病手術当日〜【育休219日目 11.6】

更新日:

昨晩、ありがたいことに息子はぐっすりと眠ってくれて、朝5時まで深ーく眠りについていました。

夕方から夜にかけてずっと泣いていたようなものなので、とっても疲れたのでしょう。

私はというと、エネルギーを使いすぎてお腹が減ったので、今日の朝食にしようと思っていた物を少し食べてから眠りにつきました。

が、眠れても2時間くらいで目が覚める…。

前回の入院時の経験を生かして、しっかり自分の寝るスペースを確保したにも関わらず、なんか眠れず。

そして、息子は5時に目を覚まして、抱っこすることに。

息子は意外とすぐにまた寝てくれましたが、私はこれからまた寝るのもなあと思って起きていたので、朝からひどく眠たかったです。

息子はしっかり眠ることができたからか、昨日の夕方ほどは泣かず。

下手にベッドに下ろさずに、抱っこしたまま朝食をとったりしたので、落ち着いて寝ていてくれて助かりました。

そして、9時前頃から担当の看護師さんが準備をしてくださって、9時には息子を抱いて手術室へ。

前回の検査も手術室で行ったのですが、前回付き添った妻が言っていた通り、みんなこの時間に手術をするようで、入り口は列ができていました。

そして、名前、手術内容の確認等をしたら、担当の方に息子を預け、私は病室で待つことに。

それまでは、多少緊張しているくらいの私でしたが、いよいよ手術という気持ちと、この先は手術室ですという雰囲気のある場所、テレビで見るような手術の格好をした人を見ていたら、何だか涙が出そうになってしまいました。

預けた息子は泣いたりはしなかったものの、なんともいえない表情でこちらを見ています。

「がんばっておいで♪」

と伝え、その場を離れました。

どうか無事に手術が終わりますように。

そう思いながら、その場を後にしました。

とはいえ、預けてしまったら私にできることは何もありません。

さっさと、コンビニに行って、エネルギーを補給できそうなものと、お昼ご飯を買って病室に戻り、ブログをやっつけながら待ちます。

体が固まってきたなあと、ストレッチしたりお昼を食べたりしながら待つと、13時半頃看護師さんから声がかかり。

「手術が終わったので、説明を聞きに行きます。」

とのこと。

多少緊張しながら向かいます。

お医者さんからは、事前に説明した通りの、予定通りの手術だったとのこと。

実際に切除した腸を(何の前触れもなく)見せていただき、ちょっとびっくりするも興味津々で見ました。

変なやつと思われるかもしれませんが、なかなか見る機会はありません。穴が開くほど見ておきました。

つなげた部分は40針くらい縫ったそうですが、痛みの神経がない部分らしく、本人は痛くないのだそう。

人間の体ってすごい。

今後については、

しばらく抱っこ禁止(体が伸び縮みすると、縫った部分も伸び縮みしちゃうから)。

医師の許可が出たら、水→ミルクの順で飲んでみて様子を見る。(ただし、翌日以降と思われる)。

麻酔の副作用で、吐き気や発熱、急に暴れたりする(せん妄症状というらしい。少し大きい子だと、ベットから飛び降りたりしちゃうこともあるので注意。)ことなどがあるかもしれない。

おしっこの出が悪かったら、点滴で負荷をかけて出るようにするかもしれない。

などを伝えられました。

そうしていると、息子ご帰還。

これでもかってくらい、色々繋がっています。

実際、検温したら37.6°。体も暑くて、汗をかいていました。

その後は、泣いて大変になるのかと思いきや、ほぼずっと寝ている状況。

時々声を出すのですが、少しするとおさまり、また寝る。のくり返し。

そして、次第におならやうんちも出始めます。

おならは結構頻発。

おならとともにうんちが出た様子だったので見てみると、やっぱり出ています。

ガーゼが当たっていて、血も少しついていましたが、うんち。

昨日までのように、やたら踏ん張って出す、という様子が全くありません。

これが、本来の姿か、と感慨深くなります。

いつもなら自分で行うオムツ交換ですが、患部なので看護師さんがやってくださいます。

お尻は強く拭かないほうがいいということで、お湯で洗って押さえる程度でした。

その後も目は覚めていますが、とっても静か。

でも、酸素マスクは邪魔なようです。

やっぱり、麻酔の強さと、長時間の手術で疲れているのでしょう。

だんだん目が覚めてきた19時過ぎ頃に、やっと笑顔が出てきました♪

でも完全復活ということではないようで、そのまま夜もぐっすり寝てくれました。

まずは何より無事に終わってよかった!

あとは、経過も順調に進んでくれれば申し分なしです。

頑張った息子を褒めてあげたいですね♪

【本日の一枚】

ぼく疲れました!の図。よくがんばった!

-ヒルシュスプルング病の息子の記録, 育休365日の記録【ただの日記】

Copyright© 育休先生ブログをはじめる , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.