2020年4月から1年間の育児休業を取得している男性教員です。毎日の育児日記を中心に、男性の育休のリアル、育児に役立つアイテム紹介をしています。

育休先生ブログをはじめる

育休365日の記録【ただの日記】

温泉旅行♪2日目【育休331日目 2.26】

投稿日:

ちょっと雪降った。

とってもいい天気で最高の朝です♪

何がいいかって、起きたあと朝食作りも、お風呂掃除も、する必要がありません 笑

しかも、楽しい予定も待っています♪

毎日こんなだったらいいなあ…。

娘もぐっすり♪

そんなことを考えていたら子どもたちも起きてきました。

娘に朝お風呂に入るか聞きましたが、やはり返事はNo! 笑

3歳になりたての子どもには、朝風呂というもののよさはまだ理解できないようです 笑

妻が先にお風呂に行きましたが、とても混んでいたそうでカムバック 笑

その人たち、お風呂終わったら絶対朝食になだれ込むだろう、と予想して先に朝食へ。

空いているだろうと平日に来たのに、まぁまぁ人がいました 笑

そりゃみんな同じこと考えるだろうし、平日に休みの方もいらっしゃることでしょう。

これでも空いている方なのかな、と思いながら席を決めます。

とりあえず、娘のご飯を一緒に選び席につかせ、息子が食べられそうなものを探します。

甚平を着ての朝食も様になっています 笑

赤ちゃん連れにも優しいこの旅館ですが、意外と朝ごはんは優しくなく、お粥と茹でた野菜くらいしかありません。

しかも特に柔らかく調理してあるわけでもなく、なかなか食べてくれない息子…。

できればここまで徹底してほしい。でも、それは求めすぎかな、なんて思って何とかバナナを発見すると、これはもぐもぐ食べてくれました♪

今までの人生で、一番バナナに感謝した日になりました 笑

そして、夕飯同様やはり大人はのんびり食べることはできず、飽きてきた娘に合わせて部屋に戻ることに。

もっと食べたかったなぁ、と思いながらせめてものコーヒーを持って帰りました。

その後、妻と交代で温泉へ。

ここはゆっくりできる貴重な時間♪とはいえ、妻に2人を任せているので、そこまでのんびりできません。

早めにあがろうと思いながら服を脱ぐと、小さいタオルを忘れています。

まぁ、仕方ないかとそのままお風呂へ。

唯一いたおじさんが先に上がったので、こちらもそろそろ、と思ったら、9時半という時間もあってか、掃除の方が入ってきました。しかもよりによっておばちゃんです 笑

早めにあがろうと思いながらも、隠すのに最適な小さいタオルがないので、フルオープンの状態でおばちゃんの横を通り過ぎるのには勇気がいります。というか、そんなのおばちゃんが嫌でしょう?

そのおばちゃんがいなくなるのを待って上がったら、なかなかのんびりしたかのような時間になっていました。

妻には理由を説明して笑ってもらいましたが 笑

そうして、帰る準備をし始めたわけですが、飽きちゃって特にやることもない娘は、どうしようもなくなって泣き出すし、息子は眠くなって泣き出すしでカオスな状態に。

とりあえず娘は、妻と一緒に子ども用にもらったガチャガチャ無料券を持って売店へ。

ちょっと、というかだいぶ高さがあるのです。

そのあと昨日ももらった無料アイスを食べてきて気分が戻りました。ふぅ。

息子は私が寝かしつけ、その隙に帰り支度を。なんとか旅館を出ることに成功しました。

ちなみにこの温泉のお代は4万円弱だったのですが、所在地の市の助成金が使えて、1万円オフになり、3万円を切るお値段になりました♪なんともラッキー♪

そして、しばし車で移動。

今日の目的地は、同じ市内のローカル老舗百貨店に入っているおもちゃ美術館と、高さが売りのソフトクリームが有名な食堂でのお昼ご飯♪

おもちゃ美術館はテレビで取り上げられているのを見てから、ぜひ行きたいなと思っていたところ。

とはいってもそこまで詳しく調べていなくて、どんな様子かは行ってからのお楽しみです。

一方食堂は大人は来たことがあって、一度娘にも見せたいなあと思っていました。

以前行こうと思った時には建物全体が改修工事中で、行けず…。今回はリベンジの意味もあります。

しかし、朝からハイテンションな娘。到着直前で眠りについてしまいました 笑

少し時間を潰したコンビニで目覚めたので、いざ中へ。昭和レトロなエレベーターで上に上がります。

そもそもの建物は昔懐かしい昭和の雰囲気の残るものなので、設備自体は古いのですが、リフォームされているのでトイレやら今回きたおもちゃ美術館はものすごくおしゃれでキレイです。

入り口からして楽しみな雰囲気しかありません♪

靴を脱いで中に入ると、空間そのものがおもちゃだらけ!木製のおもちゃがメインなので、雰囲気がとても優しい感じなのもまた素敵です。

さっそく、並んでいるおもちゃを手にとってあそぶ娘。

特に面白かったのは、柱の周りに葡萄がいっぱいぶら下がっていたり、階段状になっている床の穴の中に潜んでいる野菜たちなど、畑の様子を木で再現しているコーナー。

近くにカゴなんかも置いてあって収穫して遊べます♪

ほかにも、この後に行く食堂をイメージしたままごとコーナー(規模がすごい)や、ピタゴラスイッチを思わせる仕掛けで遊べるところなど、大人の私が見ていても飽きないような物ばかり!

冗談抜きで、1日いても飽きなさそうです♪

息子も妻や私に連れられていろいろ触ってみましたが、興味津々♪ハイハイとか、歩いたりとかできるようになってからくればもっと楽しめそうです。

まだまだ遊びたそうでしたが、13時近くなってお腹も空いてきたので、食堂へ。

こちらは、ご飯がものすごく美味しいというわけではないのですが(失礼)、雰囲気がその最大の売りで、昔のデパートの食堂の雰囲気をそのまま残しています。

そして、さっきもちょっと触れましたが、ソフトクリームが最大の魅力!

おもちゃ美術館のままごとコーナーにもそのソフトがありました。

とはいえ、まずはご飯なので、そちらを注文していただきます。

娘はミニラーメン。妻はピザ。私はここの名物なのに食べたことのなかったナポリタンの上にカツが乗った物。

娘にはちょうど良い量でしたが、私にはちょっと重め 笑

美味しいんですけどね。私が歳をとったということでしょう。

食べ終わったらいよいよソフトクリームがきました。

こちら。

これが230円て…。

ちなみに、スプーンとかで食べると倒れちゃうので、お箸でいただくのがここでの常識です♪

娘はもちろん全部は食べられませんが、その大きさに盛り上がってくれました♪

やっと見せられたので、父も満足♪

食べ終わったらいよいよ帰ります。

子どもたちはふたりとも眠って、私も眠気と戦いながら運転し、なんとか帰宅。

一泊だし、遠出というほどでもありませんでしたが、とっても楽しい旅行となりました。

今回の旅行。久しぶりだったこととか、翌日仕事がないとか、楽しかった理由はたくさんあったのですが、一番は娘がとっても楽しそうに過ごしてくれたことが一番の理由でした。

これまでは、夫婦2人が楽しむことがメインでした。それはそれでとっても楽しいのです。実際今回の旅行も、2人とも満喫できました。娘が小さいうちはまだその感覚が強かったので、大人2人が楽しかったね♪と振り返る感じ。

ですが今回は、娘が1人で歩くようになって、おしゃべりも達者になって、楽しいことを娘自身がたくさん表現してくれるようになっていました。そのことが、何より嬉しかったのです。

旅館のお部屋で走り回る娘。

お風呂ではしゃぐ娘。

いつも通りご飯はたいして食べない娘。

旅館の甚平がちょうどよく着られるようになった娘。

おもちゃ美術館で好きなものを見つけてはしゃぐ娘。

どれをとってもすごく幸せを与えてくれました。

これが家族でいっしょに過ごすことの幸せか、と改めて感じました。

34年生きてきて、ここまで心の底から楽しい!と感じることがまだ残っていたのかと感動すらしました。

それを知っただけでも、今回の旅行の価値は相当なもので、行ってよかったと心から思います。

そんな幸せをくれた家族に改めて感謝。

息子が歩くようになってから行ったら、どんだけ楽しいんだろうか?

【本日の一枚】

ふたりとも楽しかったかな?

-育休365日の記録【ただの日記】

Copyright© 育休先生ブログをはじめる , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.