2020年4月から1年間の育児休業を取得している男性教員です。毎日の育児日記を中心に、男性の育休のリアル、育児に役立つアイテム紹介をしています。

育休先生ブログをはじめる

ヒルシュスプルング病の息子の記録 育休365日の記録【ただの日記】

入院リターンズ Day 3【育休163日目 9.11】

投稿日:

昨晩もとってもよく寝てくれて、結局朝まで寝てくれました。

途中おしっこを替えたりはしましたが、目覚めず、トータル7時間ちょい。

おかげで私も休めました。

そして、今日は退院の日(予定)。

妻が娘を保育園に預けたら、こっちに向かってくれるので、お昼くらいでさよならしたいものです。

で、どうにも頭がベタベタする気がする…。

そりゃそうです。風呂に入らず3日目なので。

昨日シャワーも浴びそびれたのでなおさら。

これはなんとかしたい…、と思い立ちました。

「病室の洗面台でもいけるんじゃないか?」と。

時間は朝の5時頃 笑

何となく悪いことをしている気がして、できるだけ静かにやってみます。

んー、非効率 笑

栓をして、できるだけ水音を立てないように水を溜めます。

そして、そこに頭を突っ込むようにして、手ですくいながら髪の毛を濡らしていきます。

そして、試供品のシャンプーを開け、ゴシゴシ。

これが家のお風呂(全くラグジュアリーではないけど)なり、最悪病院のシャワールームだったら何倍か気持ちいいだろうなあ、と思いながら洗います。

そして、一度髪を拭いて、汚れた水を流してもう一度水を溜めます。で、トリートメントをつけ、流しますが、溜めたお水では一瞬でトリートメント水になってしまい、もう一度水が欲しそうです。

そこで一度髪(まだ、トリートメントが残ってる)を拭いて、水を貯めようかと思ったら、

「失礼しまーす。」

と、男性看護師さん登場!

朝の検温にいらっしゃいました。

私のビショビショ(拭いてはいるが)の髪と、もしかしたらシャンプーの匂いがしたかもしれない部屋に何を思ったでしょうか 笑

でも、優しそうなその人は、

「おはよー♪」

「げんき?」

と、スタジオアリスの店員さんを彷彿とさせる対応で、息子のお世話をしてくれています。

夜勤の大変な中、赤ちゃん相手でこのテンション。

尊敬いたします。

その後、静かな息子と過ごしつつ、私は朝食を食べたりしていると、9時半前に今度は女性の看護師さんがいらして、レントゲンを撮りにいくとのこと。

点滴が繋がれているので、私が抱っこして、看護師さんが点滴のぶら下がったキャスターのついたあれ(語彙力…)、を押しながら一緒に向かいます。

さっきの男性と違って、この女性の方はドライな感じ 笑

ダメだと言っているのではありません。いろんな方がいて面白いということです。

で、撮り終わって帰ってきてしばらく放置されます。

放置されてとりあえず伸びてみる息子?

あれ?

こっちの予定(勝手な)では、11時頃退院となって、お昼には帰ろうと思っていたのですが、現在時刻10時30分。

今のところ、お医者さんに見てもらう気配なし…。

そんなことを思っていたら、妻が病院についたとのこと。

慌てていると、お医者さんがきました!

助かった〜、と思ったのも束の間、

「血も出ていないし、大丈夫そうですね。ミルク飲んでいいですよ。それで、飲んでも問題なければ、夕方に退院でいいと思います。では。」

ゆ、夕方!?

一気に予定が狂います。

まずは妻と相談し、

①娘のお迎えが15時だがどうするか?ばあばに頼むにも、チャイルドシートがない。

②妻は一度帰るかどうするか?帰ってまた来ると、高速代がもったいない。私と息子とで、公共交通機関を使って帰ろうか?

③夕方まで妻が待つとして、それまでそどうするか?

などを急いで相談し、

①娘の迎えは、ばあばと妻の妹に頼む。帰りはタクシーに乗ってもらい、チャイルドシートがなくてもいいようにする。娘は実家で待つ。

②妻は夕方まで買い物でもして待つ。

と決めました。

前回の入院の時、11時頃退院したというのが記憶にあり、なんとなくそのくらいで退院、と思い込んでいたのが失敗でした…。

その時その時で流れも違うので、きちんと確認しておく必要があるなあ、と反省。

その後はただゆっくりと待ちます。

息子は昨日と同様、寝ているし、起きても静かに過ごすもので全く苦にならず、私はブログを書いたり、本を読んだり。

14時頃座薬を入れれば、少し経つとうんちも出てくれて、ミルクを飲んだ後も特に問題なし。

16時頃に、スマホの電池が切れた妻が病院に来ると、そのすぐ後にお医者さんも来て、退院の許可が出ました。

次回の通院の日程も決めて、帰宅。

帰りが遅くなってしまうことがわかっていたので、その晩は妻の実家に泊めていただくことに。

いつも感謝しております。

いつもならお義父さんと一緒にビールをいただいたりするのですが、この日ばかりは眠すぎて無理でした…。

今度一緒に飲みましょう!

ご飯とお風呂を済ませたら、泥のように眠ってしまいました。

とりあえず、3日間の入院は終わったのですが、検査の結果が出るのは一週間から10日後です。

その結果によって、ヒルシュスプルング病なのか違うのか、手術をするのかしないのかが決まります。

なかなかドキドキする結果待ちですが、どうなっても親としては落ち着いて、話をよく聞いて対応したいものです。

下手に期待して裏切られるのも嫌なので、あまり考えすぎないように待ちたいなと思っています。

息子くん。とりあえず、3日間お疲れ様だったね。

【本日の一枚】

久々にお母さんに抱っこしてもらいました。

-ヒルシュスプルング病の息子の記録, 育休365日の記録【ただの日記】

Copyright© 育休先生ブログをはじめる , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.