2020年4月から1年間の育児休業を取得している男性教員です。毎日の育児日記を中心に、男性の育休のリアル、育児に役立つアイテム紹介をしています。

育休先生ブログをはじめる

育休365日の記録【ただの日記】

祝詞を持って学校へ。【育休348日目 3.15】

投稿日:

今日は、午前中に勤務校へ。

卒業式が17日ということで、祝詞を作って送らなきゃと思っていたら、気がついたら直前です。まあ、いつものパターンなのですが。

送っていたら間に合わない、ということで、本日行ってきました。

妻が娘を保育園に連れて行っている間に準備して、帰ってきたら息子を連れて出かけようかと思っていたら、珍しく娘が、

「おとうさんといく。」

なんて言うので、焦って準備します。でもお父さん、うれしい♪ 笑

娘は元気に保育園へ行き、いざ学校へ。

息子を連れて行くのは、別に学校の皆様にお披露目しようとか言うことではなく、妻がパソコン作業が溜まっているということで、作業時間を確保するためです。

おそらく、車で少し走ったら寝るだろうと予想し、事務に祝詞を手渡して終わりなので、ぱぱっと行けば寝たまま待っててもらえる、という魂胆。

早速出発!予定通り、息子はものの数分で眠りにつきます。しばし、1人のドライブです。

学校に行くのはかなり久々なので、通勤経路がちょっと懐かしいくらい。そして、今日は特に暖かくて、春を感じる陽気。なんかとっても気持ちがいいのです♪

実際に通勤するようになったら、また毎日この道を走るんだなあ、なんてぼんやり考えながら車を走らせます。

途中、見覚えのないおうちや、あれ、ここ何かあったよね?と思うところがいくつかあり、1年という期間は短いながらも、それなりの時間の経過を感じずにはいられません。

ものの30分くらいで学校に到着。

見覚えのある先生方の車を見て、みなさん元気だろうか?なんて思います。

息子はもちろんぐっすり寝ているので、静かにドアを閉めて校舎へ。

極力誰にも会わなさそうな時間に来たつもりでしたが、早速玄関付近で、中学部の生徒が運動中 笑 にこやかに通り過ぎます。

事務室の小窓から顔を出し、祝詞を手渡し。ちょっとお話しする中で、新任者打ち合わせとか、会議で3月中に来るのか?というような話になり、だったら副校長先生に確認しては?いるから。ということになって職員室へ。

周りの先生に挨拶しながら副校長先生にお伺いすると、3月中は来る必要はないとのこと。

「わかりました♪」と帰ろうとすると、

「今ちょっと2、3分いいですか?」と聞かれます。

もしや?と思いましたが、やはり来年度の校内人事の打診でした。

お聞きして、承諾する旨をお伝えして、学校を出ます。本当は、職員室の先生方とお話ししたりしたいところですが、寝ているとはいえ息子が待っているので早々に出ました。

そして、車のドアを開けると、息子と目が合います 笑

起きてる!!

泣いていたわけではないようですが、不安感漂う顔でこちらを見ています…。

ごめんよ…。

どうやら天気が良すぎて、外出するからと厚手の服を着て、靴下までしっかり装備したのが暑かったようです。

とりあえず、近くのコンビニまで移動し、オムツを変え、息子を連れてアイスコーヒーをゲット。

また帰路につきます。

おそらくさっき起きるまで1時間も寝れなかったので、また眠りにつく息子ですが、今度はイオンでお金を出し入れする父親の用事のためにまた起こされます。

この間の睡眠15分程度。うん、ごめん。

そして、全く面白くもない親がATMでお金を移す様子をベビーカーの上から見上げるというつまらない時間を過ごさせて、家に帰りました。

せっかく天気も良かったので公園にでも行きたいところでしたが、時間もお昼だったのでなんか申し訳ないことをしました。

妻はその間集中して作業できたようで良かったようです。そこはオッケー♪

連れ回された上、ろくに寝ることのできなかった息子は、午後に2時間くらいお昼寝をしました。お疲れ様だったね。

祝詞を持って行くだけだったはずが、思いがけず来年度の所属を聞かされることになり、ちょっと戸惑いましたが、時期的に当たり前といえばその通りで、準備もそろそろ進めなくてはなりません。

持って行く道具とか、仕事用の服(休みに入る時にほぼ処分した)とか揃えないといけません。

そろそろ休みモードから切り替えろよ!ってことなんでしょうね。

でも、育休を丸1年取得しても、しっかり戻る場所が確保されていて、休む前と同じように働くことができるということは、とっても恵まれているなあと思います。

育休の情報を色々見ていると、職場の対応や昇進など、不利益を被ったり、それを心配して取得に踏み切れない人も少なくないようです。

教員て恵まれているなあ、と感謝の気持ちをもつと同時に、男性の教員、もっと育休取ればいいのになあ、とも思います。

なんにせよ、残りの育休期間を満喫しつつ、しっかり準備をしてお仕事モードに切り替えて行きたいと思います。

育休、残り16日。

【本日の一枚】

ユニクロで注文した娘の入園式用の服が届きました♪いい感じ!

-育休365日の記録【ただの日記】

Copyright© 育休先生ブログをはじめる , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.