2020年4月から1年間の育児休業を取得している男性教員です。毎日の育児日記を中心に、男性の育休のリアル、育児に役立つアイテム紹介をしています。

育休先生ブログをはじめる

育休365日の記録【ただの日記】

内祝いどうしよう?【育休120日目】

更新日:

昨晩、子どもたちが早く寝てくれたので、妻とビールとノンアルをお供に、事務処理的なことをしていました。

その時の話題の一つが内祝い。

ありがたいことに、いろいろな方からお祝いをいただいております。

そうなると当然セットでついてくるのが、内祝いの悩みです。

中には、

「お返しなんていいから♪」

なんて言ってくださる素敵な方もいらっしゃいますが、

※お返しはいい、とおっしゃらない方が素敵ではないと言うことではありません。

「じゃあ返さなくていいか♪」

とはいかないのもお返しの難しいところ。

調べてみれば大体いただいた額の半分くらいと言うのが相場とは言いますが、ちょうど良いラインを探るのが難しく感じてしまいます。

いっそのこと、いかなる時でもこれを返す!

みたいなテンプレートを準備しておけば楽かもしれないなんて思ってしまいます。

また、職員一同的なやつはさらに難しい。

私の勤務している学校は職員数が多く、かつ職員室の場所が分かれていたりします。

どう準備しても全員に渡るのは無理だし、場所ごとに上手いこと分けられるようなものをチョイスする必要もあります。

そんなことを考えながら、午前中にギフトショップへ。

結局いつもコーヒーギフトとかの詰め合わせで済ませてしまいますが、一応店内を物色。

例によっていつも一緒の娘は、飾りの果物のおもちゃで遊んだりしていて、それはそれで目が離せない状況ではありましたが、一通り見てみて結論しました。

コーヒーだな。

結局いつもの着地点。

いつか、

お、これは気の利いたお返しだこと♪

と言われてみたいものです。

しかし、手持ちがなかったもので、その場はとりあえず退散。

娘の活動にと、いつもの支援センターに行ったら、なぜか知りませんが激混み!

わりと小さめの子たちがそこら中にいました。

保育士さんに聞くと、コロナの前はこんな感じだった、とのこと。

これはこれで他のお子さんとの関わりができていい気もするし、ちょっと狭いので早く晴れて広い場所で遊びたいなあと思ったりもしました。

そして夜。

夕飯時に、私が洗い物をしていてちょっと遅れて食卓につき、

「ごめん、お皿洗ってました。」

と何気なく言ったら、本を読んで待っていた娘が、

「ごめ、すみません♪ほんよんでました♪」

と言ってきて、夫婦で爆笑。

「ごめん」をわざわざ「すみません」に言い換えているあたり、秀逸です。

【本日の一枚】

娘も遊んだアンパンマン。手を動かすようになってきた息子にちょうどいい。

-育休365日の記録【ただの日記】

Copyright© 育休先生ブログをはじめる , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.