2020年4月から1年間の育児休業を取得している男性教員です。毎日の育児日記を中心に、男性の育休のリアル、育児に役立つアイテム紹介をしています。

育休先生ブログをはじめる

育休365日の記録【ただの日記】

へなちょこおとうさん【育休127日目】

更新日:

朝から頭がぼーっとする。

午前中はほぼ使い物にならず。

午後1番に“サンダルを買いに Vol.2”へ出かけ、ネットで目星をつけていたサンダルと同じメーカーのものを試着、サイズを確認したり、ニトリに行って買い物をしたりして帰ってくると、

今度は激しい頭痛…。

妻に甘えて、子どもたちと一緒に2時間くらい昼寝させてもらいました。

しかし、なぜこんなに体調が崩れたのか?

これと言って思い当たる節がない…。

確かに、息子のミルクやおむつで朝までぐっすり眠れない日が続いていたり、日中も子どもたちのお世話で疲れる事はありますが、明確にこれと言えるとような原因はない。

何より、それなら妻の方が明らかに疲れているはず。

妻は疲れているだろうけど、表には出していません。

せっかく育休を取ったのに、これじゃあダメな夫じゃないか。

と凹んでしまいます。

妻に話すと、

「熱中症じゃない?」

と、言われたけれど、エアコンも使っているしなあ。

とりあえず、妻が買ってきてくれた塩分チャージタブレッツを舐めたり、食事のたびに梅干しを食べたり(やり方が単純)して、様子を見ています。

熱中症以外に何か思い当たるとすれば…。

私は大して何もできやしないのに、理想だけは高くて、それに届かないことが許せなくなるという無駄なプライドがあることを、自分のことなのでよく知っています。

なので、頑張りきれずに想定よりことが進まないと、イライラしたりしてストレスを感じてしまいます。

妻にも、頑張らなくていいんだよ、と言ってもらったのですが、それを心から受け入れて自分の弱さとかダメなところを受け入れることがなかなかできません。

見栄を張るために頑張ってしまっているのかもしれません。

情けない…。

そのあたりで疲れをためているのかも。

熱中症だったらまずいので、水分・塩分と栄養の補給、睡眠をしっかりとって元気でいたいものですし、

身の丈に合った頑張りと、

「所詮自分なんかこんなもんだ!」

という開き直り?が必要かもしれません。

【本日の一枚】

こいつのように屈強になりたい。

-育休365日の記録【ただの日記】

Copyright© 育休先生ブログをはじめる , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.