2020年4月から1年間の育児休業を取得している男性教員です。毎日の育児日記を中心に、男性の育休のリアル、育児に役立つアイテム紹介をしています。

育休先生ブログをはじめる

育休365日の記録【ただの日記】

お昼寝までの日【育休105日目】

更新日:

今日は娘が保育園へ。

ただ、これまでと違うのは、今日はお昼ご飯を食べた後お昼寝まですることになっているのです。

大人の階段をまた一つ登ろうとしている(無理やり登らされている?)我が娘。

可愛い子には旅をさせよ、ですね。

以前から毎日通っている子が、お昼寝の準備をする様子を見たり、お昼寝用ベッド(コットというらしい)の存在が気になっていた娘。

保育園でお昼寝すること自体には興味がありました。

よってマイナス要因もなかろうと、事前にお昼寝の話はしておき、娘も乗り気な様子。

これは行けそう♪と保育園に向かうと、

玄関に入るなり、今にも泣きそうになる娘。

ん?なぜ?

何かいつも以上にビビっています。私の手やズボンを握って離さない。

行ってすぐおやつだったのですが、こちらもなかなか手を出さない。

先生にアドバイスしてもらい、私が一口手伝ってあげても、なかなかふた口目に手が伸びない。

これは嫌な予感です。

その後、背中に手を当てて、そばにいますよーという安心感を持たせると、ようやく食べ始めました。

これは大丈夫なんだろうか…。

と一抹の不安がよぎります。

が、朝の会の歌の時間になると、「むすんでひらいて」の歌でスイッチが入ったようで、手が動き出します!

※うちでは爆音で歌うのですが、なぜかここではあんまし歌わない…。なぜだ?

その後は絵本を読んでからのお店屋さんごっこ♪

これが、彼女にどハマりしました。

簡単なお財布とお金をもらって、先生がジュースやラーメン、ケーキなどを次々に売ってくれます。

近くにテーブルを置いてイートインスペースもあるという 笑

ラーメンは毛糸で作られていて、フォークに絡むので、

「ひっかかるなあ 笑」とか言いながら楽しんでいました。

毎日通っている同級生の女の子は、買うだけでは飽き足らず、売る側にも回っていました。

事務的なサバサバした対応が素敵です 笑

その後盛り上がりまくってテンションもかなり高めになり、建物内のホールで遊ぶとなったところで父帰宅。

その後もボール遊びや滑り台で楽しく遊んだそうです。

私はと言うと、帰ってからかなり余裕があり、ゆっくりご飯を食べたり、ブログを書いたりと時間的にも気持ち的にも余裕を感じることができました。

そして、保育所から連絡が。

何かと思ったら、問題なく昼寝したこと。お昼寝後のおやつも楽しみなようなので、昼寝後すぐの予定だったお迎えの時間を、少し遅らせてはどうかとのこと。

断る理由もないので、お願いし、15時前くらいに迎えに行きました。

行ってみると、美味しそうなワッフル(どら焼きの予定が変更になったそうな)を頬張っていました。

目覚めた瞬間だけ、少しぐずったようですが、その後おやつのことを思い出して復活したとのこと。

はじめてのほぼ1日保育でしたが、頑張ったようです♪

夕飯時にごはんをべーしたのをこねて叱られ、デザートで食べるはずだった桃がなくなったというオチのついた1日でした。

※しかし、桃の代わりにキウイは食べたと言う 笑

【本日の一枚】

弟を可愛がる姉の図。激し過ぎるのがたまにキズ。

-育休365日の記録【ただの日記】

Copyright© 育休先生ブログをはじめる , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.