2020年4月から1年間の育児休業を取得している男性教員です。毎日の育児日記を中心に、男性の育休のリアル、育児に役立つアイテム紹介をしています。

育休先生ブログをはじめる

育休365日の記録【ただの日記】

娘とコンサートへ♪ズーラシアンブラス音楽の絵本【育休360日目 3.27】

投稿日:

こんにちは♪育休先生、NIKE(@ny_lifework)です。

今日は、娘とこれに行ってきました♪

0歳からっていうのがすばらしい♪

動物の被り物をして、演奏するブラスバンドグループ、ズーラシアンブラス。

ズーラシアンブラス公式ホームページ

https://www.superkids.co.jp/z-brass/

存在は知っていましたが、今回初めて演奏を聞きにいきました。

妻のママ友さんからの情報で、近くのホールであるのでどうか?とお聞きしていて、行こうかどうか迷っていました。(迷うなよ)

本当なら息子と妻も一緒に4人でいきたかったのですが、娘に続いて息子も鼻水。

しかも、娘は病院に行った途端にほとんど出なくなったのですが、息子の方がダラダラ垂れていて状態がよくありません。

今朝まで様子を見て、やっぱりやめておこう、ということになりました。

娘はお母さんと行きたかったようですが、最終的には、私と一緒に行くことにしてくれました。

あと、

「こわいかなあ…。がおーって。」

と、若干の恐怖を感じているご様子 笑

近くに来ないから大丈夫だよ♪と言って連れていきました。

しかし、行く前からすでに眠たい娘。車で走り出した途端に寝てしまいました 笑

駐車場について、しばらく寝てから起こして当日券を買いに行きます。

爆睡 笑

結構人気のようで、子ども連れはもちろん、大人だけの鑑賞も多くいました。

コロナ対策では、検温と消毒。あとは1席間隔で空けてとられた指定席など、工夫されていました。

始まる前にトイレに行って、いざ開演!

ライオンさんを先頭に、さらっと登場♪

トラさんが投げキッスからの鼻くそをほじくって客席に投げています 笑

コミカルな感じなのね♪

そして一曲目。

一発目の音が、バン!と出た瞬間娘はびっくりして、ビクッ!!となっていましたが、真剣に聴いています。

そして、終わるとひとこと。

「たのしいね♪」

それを聞いたお父さんはその100倍楽しいよ!!

その後は弦楽器担当の鉉(つる)うさぎさんが登場。バイオリンなどのゆったりした演奏を聴かせてくれます。

そして、休憩前の最後の曲は『パプリカ』♪

知っている曲が流れると、娘も嬉しそうです。

休憩時間に入ると、続々と出ていく人たちに影響されて娘も一旦外へ。

2回席の様子なんか見ていたら、教えてくれたママ友さんと、同い年の娘さんに会い、ちょっと立ち話。

ママ友さん家族は、一番前で鑑賞とのこと。さすがお母さん、音楽の先生です♪

休憩という概念がいまいちピンときていない娘は、ここで一度スイッチが切れてしまったようで、後半はぐだぐだ。

それでも最後まで聴いて楽しんでくれました♪

終わる頃には、

「またあいたい♪」(聞きたいという意味)

というくらい楽しめたようです♪

全て終わって、帰るところに、グッズ販売コーナーが。

ライブでもその場の空気でグッズを買ってしまう私は、ついついそちらへ足が向かいます 笑

娘が欲しいと駄々をこねたわけでもないのに列に並ぶ父と、しっかりトラさんのぬいぐるみを選ぶ娘。

阿吽の呼吸?でお土産のトラさんぬいぐるみを購入 笑

1500円なり。高っ。

抱っこして帰ります♪

けど買ってしまう私はなんなんでしょう?

それはおそらく、このぬいぐるみを見るたびに、

「このコンサート、お父さんといったね♪」

と思い出して欲しいからでしょう。2人の思い出の証、みたいな。

娘をもつ父の心理ってこんなところに現れるのではないでしょうか?違いますかね?

今日は、本当に私も楽しかったのです。

それは、コンサート自体が楽しかったのはもちろんなのですが、娘との思い出ができたから。

温泉旅行に行った時も思いましたが、子どもたちとの思い出が増えていくということは何よりの喜びです。

行けなかった妻と息子のことを考えると、残念な気持ちがいっそう高まるのもそう。

演奏を聴きながら涙が出そうになったのは、娘とこの体験を共有できていることへの感動に違いありません。

まだまだたくさんの思い出を家族で増やしていきたいと思います。

だから、1500円の出費は許して欲しい…。

育休、のこり4日。

【本日の一枚】

午前中に人生初散髪の息子。迷惑そうです 笑

-育休365日の記録【ただの日記】

Copyright© 育休先生ブログをはじめる , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.