2020年4月から1年間の育児休業を取得している男性教員です。毎日の育児日記を中心に、男性の育休のリアル、育児に役立つアイテム紹介をしています。

育休先生ブログをはじめる

育休365日の記録【ただの日記】

紛らわしい!【育休158日目 9.6】

投稿日:

最近、息子の夜のオムツ替えやミルクで、親の眠りが安定しない日が続いていましたが、私が夜に起きてしまうと、翌朝使い物にならないということがよくわかりまして、作戦を考えました。

息子が夜に起きるとは言いつつも、4時間くらいまとめて寝てくれることが増えてきたので、以下のようにすることに。

父 → 夜は何か急ぎのことがない限り、子どもたちと同時に寝る。そのかわり、朝早く起きて、そこからやりたいこと(おもにブログの更新)と、家事をやる、

母 → 夜に食器洗いとかやりたいことをやる。寝たら朝はゆっくり目に起きる。

で、私は3時から4時くらいに起きてブログを書いたり、お風呂掃除をしたり、朝ごはんを作ったりしています。

その間に息子が泣いたりすれば、飛んでいってお世話するのですが、息子はとっても紛らわしい声を出します。

私がカタカタとタイピングをしていると、

「んー。」

「にゃー!」

「んっ!!!!(踏ん張っているような声)」

が聞こえてきます。

お、これは起きたか?

といって向かうと。

まあまあ大きいその声を出しながら、しっかり目をつぶって眠っています。

「寝言かい!」

と戻って、またカタカタ始めますが、しばらくするとまた、

「ひやっ!」

「ヒッ!」

とか聞こえてきますので、また向かいます。

やっぱり寝てます。

じゃあもうほっといて、泣き声がしたら行くのでいいか、とも思いますが、せっかく寝ている妻が起きてしまってはよろしくありません。

それに、ヒルシュスプルング病(腸の神経細胞が足りなかったりする病気)の疑いがある息子は、うんちを出したくて、ものすごく力を入れて力んでいたりします。

うんちが出せなくて苦しそうなこともあるので、その時はお腹をさすってあげたりしたいので、無碍に放っておくこともできません。

息子は悪くありませんが、なんとも紛らわしい!

これも育児のいい思い出になるのかなあ、と思いながら耳を済ませてブログを書きます。

【本日の一枚】

夕方、息子と娘を連れて公園へ。そういえば、息子と散歩は初めてだったかも。

-育休365日の記録【ただの日記】

Copyright© 育休先生ブログをはじめる , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.